--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




睡蓮の用土作りから植え付けまで

21:08

毎年の事ですが、我が家では植え付け時には常に新しく作った用土を利用しています。
しかしながら年々増える品種数・・・。
作る量もどんどん増えてるのでスイレンのリストラも視野に入れねばマジでヤバイ。
というか、古土の再利用とかも考えていかねばです。
睡蓮の泥沼に嵌ってしまっている方々は毎年どうされてるんだろう?

さてさて本題ですが、我が家の用土作りから紹介していきます。


IMG_2195.jpg


赤玉土 4
腐葉土 1
牛糞堆肥 適当

腐葉土ですが、バーク入りと表記されてますけど今年初めて使います。
いつもはバーク入りじゃないものを選んでるのですが、
たまたま行った小さいホムセンにこれしか売ってなかったもので。
急いでたので、もうこれでええわ!!顔真っ赤にしてレジに向かってしまいました。
(実際は無表情でレジに並んでました)
それでは上記の分量をプラ舟にあけてみます。



IMG_2198.jpg


こんなかんじ。
牛糞堆肥はいつもペレット状のを使用してます。
特に理由はなし。
大体、左上に見えてるスコップに一杯くらいいれてますかね。
次は混ぜ合わせていきます。




IMG_2199.jpg


混ぜ混ぜ完了。
わりとじっくり混ぜてます。
練るのに小さい練りバケツを使用するので何度かにわけますので。



IMG_2200.jpg


秘密兵器登場。
大活躍の攪拌機です。これなかったらもう土練る気になれません。
毎年練るのに時間がかかり過ぎてたので去年買いました。
右側に見えるバケツに水入れて攪拌機で混ぜていきます。




IMG_2201.jpg


はい完成。
ちょっと時間経ってから写真撮ったので水浮いちゃってますが・・・。
結構水多めに入れて柔らかめに練ってます。
例えると溶かしたチョコレートよりやや硬め。
・・・。
チョコレート溶かしたことないんですが。

え~、そんな感じでココまでカメラのホワイトバランス間違ってます(涙)
気付いた時は後の祭り。。。
続きまして植え付け~。




IMG_2407.jpg


今回は宮川花園さんで注文したこの7.5号スイレン植え付け容器を使用しまして、
届いた睡蓮を植え付けて(鉢上げ)いきます。



IMG_2428.jpg


まずちょっとだけ先程の練った用土を入れます。




IMG_2430.jpg


大粒の醗酵油粕。




IMG_2431.jpg


ぶっ挿します。



IMG_2432.jpg


盛ります。



IMG_2433.jpg


乗せてギュッと押し込みます。
あまり強くしすぎず。



IMG_2436.jpg


赤玉土をかぶせます。



IMG_2437.jpg


シャーワーして汚れを流します。
自分が2歳だと信じて疑わない3歳になった娘がやらせろと煩いので手伝わせます。



IMG_2439.jpg


シャワー当てすぎて隠れるはずの所がでます。



IMG_2443.jpg


睡蓮鉢にドボンで完成。

手持ち株の植え替え時は、油粕と一緒に化成肥料も入れます。
今回は宮川さんとこの苗の植え替えでしたので、既に苗の用土に大きいのが入ってるんで使いませんでした。

去年はこの植え付け方で追肥一回もしなかったんですが、まぁまぁ咲きました。
別に数えていたわけではないのですが(汗)

結構適当な植え替え法ですが今年もこんな感じです。
質問などありましたら分かる範囲でお答えしますのでおきがるにどうぞ(^^)


スポンサーサイト



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。