--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




睡蓮の用土作りから植え付けまで

21:08

毎年の事ですが、我が家では植え付け時には常に新しく作った用土を利用しています。
しかしながら年々増える品種数・・・。
作る量もどんどん増えてるのでスイレンのリストラも視野に入れねばマジでヤバイ。
というか、古土の再利用とかも考えていかねばです。
睡蓮の泥沼に嵌ってしまっている方々は毎年どうされてるんだろう?

さてさて本題ですが、我が家の用土作りから紹介していきます。


IMG_2195.jpg


赤玉土 4
腐葉土 1
牛糞堆肥 適当

腐葉土ですが、バーク入りと表記されてますけど今年初めて使います。
いつもはバーク入りじゃないものを選んでるのですが、
たまたま行った小さいホムセンにこれしか売ってなかったもので。
急いでたので、もうこれでええわ!!顔真っ赤にしてレジに向かってしまいました。
(実際は無表情でレジに並んでました)
それでは上記の分量をプラ舟にあけてみます。



IMG_2198.jpg


こんなかんじ。
牛糞堆肥はいつもペレット状のを使用してます。
特に理由はなし。
大体、左上に見えてるスコップに一杯くらいいれてますかね。
次は混ぜ合わせていきます。




IMG_2199.jpg


混ぜ混ぜ完了。
わりとじっくり混ぜてます。
練るのに小さい練りバケツを使用するので何度かにわけますので。



IMG_2200.jpg


秘密兵器登場。
大活躍の攪拌機です。これなかったらもう土練る気になれません。
毎年練るのに時間がかかり過ぎてたので去年買いました。
右側に見えるバケツに水入れて攪拌機で混ぜていきます。




IMG_2201.jpg


はい完成。
ちょっと時間経ってから写真撮ったので水浮いちゃってますが・・・。
結構水多めに入れて柔らかめに練ってます。
例えると溶かしたチョコレートよりやや硬め。
・・・。
チョコレート溶かしたことないんですが。

え~、そんな感じでココまでカメラのホワイトバランス間違ってます(涙)
気付いた時は後の祭り。。。
続きまして植え付け~。




IMG_2407.jpg


今回は宮川花園さんで注文したこの7.5号スイレン植え付け容器を使用しまして、
届いた睡蓮を植え付けて(鉢上げ)いきます。



IMG_2428.jpg


まずちょっとだけ先程の練った用土を入れます。




IMG_2430.jpg


大粒の醗酵油粕。




IMG_2431.jpg


ぶっ挿します。



IMG_2432.jpg


盛ります。



IMG_2433.jpg


乗せてギュッと押し込みます。
あまり強くしすぎず。



IMG_2436.jpg


赤玉土をかぶせます。



IMG_2437.jpg


シャーワーして汚れを流します。
自分が2歳だと信じて疑わない3歳になった娘がやらせろと煩いので手伝わせます。



IMG_2439.jpg


シャワー当てすぎて隠れるはずの所がでます。



IMG_2443.jpg


睡蓮鉢にドボンで完成。

手持ち株の植え替え時は、油粕と一緒に化成肥料も入れます。
今回は宮川さんとこの苗の植え替えでしたので、既に苗の用土に大きいのが入ってるんで使いませんでした。

去年はこの植え付け方で追肥一回もしなかったんですが、まぁまぁ咲きました。
別に数えていたわけではないのですが(汗)

結構適当な植え替え法ですが今年もこんな感じです。
質問などありましたら分かる範囲でお答えしますのでおきがるにどうぞ(^^)


スポンサーサイト

温帯睡蓮の株分け

22:34

温帯睡蓮シャディレディの浮葉が多くて生長点がたくさん出来ていた。
同時期に植え付けた温帯スイレンは既に花芽が上がっているものもあり、
このままじゃシャディレディがなかなか咲かないはずだから掘り上げてみた。

Nymphaea'Shady Lady'
RIMG2739.jpg
小型の睡蓮だと思うんだけど。
浮葉の数が凄い(^^;



RIMG2740.jpg
生長点多し。
去年マリアセアクロマティラがこの状態で2輪しか咲かすことが出来なかった。
限られた用土での栽培だと生長点は少ない方がいいに決まってる。
とりあえず用土をシャワーで洗い流す。



RIMG2741.jpg


RIMG2743.jpg
どうやらクロマティラみたいに分球タイプっぽい。
とりあえず分けてみる。



RIMG2744.jpg
大小合わせて11株になった(^^;
3月~4月の植え付け時期であれば根を処理して植え付けると思うけど、
植え付け後の生育を配慮して根を地下茎から外さずに植え付けた。
一番立派な浮葉を持ってる地下茎を植え付けて残りは植え付けなしの水栽培に。



RIMG2745.jpg
分球タイプは周りにポコポコ子株が出来て、地下茎が伸びないと思うので容器のド真ん中に植え付けた。
ちなみに伸びるタイプであれば生長点の反対側を容器の端に付けて植え付けてます。

これで大丈夫(なはず)。



睡蓮の用土練りに

19:30

買ってみました。


RIMG2436.jpg

何の変哲もない電動ドライバーに・・



RIMG2437_20110401232444.jpg

このミキサーをドッキング



RIMG2438.jpg

これで水分多めに含ませた赤玉土と腐葉土を攪拌しました。
手で練るよりかはずっと早いっす。
でもまぁ電動ドライバーなので水分少なかったり、力の加減で回転が止まってしまうっす。
攪拌機買う余裕が出来るまではこれで代用(^^)








温帯スイレン用プランター設置

19:30

とうとう我が家にプレステ3が来ました!
長男のお年玉と不足分を嫁が出して購入!
ソフトは自分も好きな三國無双シリーズの最新作を注文!

ただ、「三國無双6」は3月10日に発売なのでまだプレイできてません(^^;
長男もこれにはガッカリで既に出てるソフトを買いたいと嫁に交渉するも、
お年玉が底をついているので却下されました。
10日がとても待ち遠しい長男なのです。

kanataよ。お父さんだってお前に負けないくらい待ち遠しいんだぞ。
お前たちが寝静まったらお父さん頑張ってピコピコしちゃうから任せといて!!


そんなことはどうでも良くてプランター設置です。

先週の25日の金曜、天気予報で週末は雨だというので、
早く設置して雨水を少しでも貯めてやろうと帰宅後頑張りました。
節約節約ー!


RIMG2441_20110228234235.jpg

今年も温帯スイレンの栽培容器はホームセンターなどで手軽に入手できる野菜プランターっす。
このプランターで2品種ずつ栽培しますよ~。
植え付け容器はまだ入るんで、もしかしたら状況によっては3つ4つ栽培するかもしれません。

翌朝写真を撮ったのですが、奥から5つのプランターは新品なのですが、
手前のは去年も使ったやつで洗ってもないもんだからきちゃない(^^;
暗がりの中で作業したから全然気づかなかったっす。

でもまぁ、スイレンの浮葉がたくさん茂れば見えないからいいかって・・・(^^;

そういえば既にチャームさんで注文した3品種は届いてて、
早速その3品種のみ植え替えてプランターに沈めてありますよ。
それはまた今度ってことで。



熱帯スイレンの越冬

22:26

21日の日曜に熱帯スイレンの越冬に向けて作業をしました。
作業中何度かの来客があり全く捗りませんでしたが、ムカゴ種以外は全て終えることが出来ました。
一先ずやれやれといったところですかね(^^;

さてさて、今回とった越冬法ですが、越冬確率もかなり高いと噂されるスチールウールと一緒に瓶詰にする方法をやってみました。

まずは最低限必要なものを嫁さんに頼んで買ってきてもらいました。

RIMG2330.jpg
写真手前がスチールウール15個入り。
写真奥がビンです。

嫁さんに大きめのジャムビンをと頼んだら予想以上に大きかった(^^;
まぁ、バルブがたくさん増えてたりするかもしれないし~たくさん入れられるからいいか~。
なんてポジティブに(^^;


準備が整ったとばかりに水鉢から植え付け鉢を取り出しました。
RIMG2335.jpg
まずは一番休眠してるっぽい鉢から始めてみることに。

こちらをオリャー!とばかりに鉢から中身を出しました。
そして根を取り除いたりシャワーで土を流したり。
やっている途中で経過写真を撮り忘れてる事に気付き慌てて撮影(^^;
RIMG2336.jpg
こんな感じでどんどんと根や土を取り除いてバルブだけにしていきます。

RIMG2337.jpg
まるまる太ったバルブが一個出てきました。
いや~、増えてないっす(^^;

さていよいよビンに入れます。
本来ならここで消毒をしたりするのでしょうが、まぁしなくても大丈夫だろうとスチールウールとバルブをビンに入れて、
空気が入らないように水を張ったバケツの水中で蓋をしました。
RIMG2340.jpg

あとはトロ箱に複数のビンを詰め込み室内にて保管です。

RIMG2338.jpg
やっぱり月一くらいで水替えなどした方がいいのでしょうかね?
初めての試みなので不安でいっぱいっす(^^;

全てのムカゴ種は未だ屋外の水鉢です。
こちらはどうしようか思案中です(^^;
RIMG2322 (2)

今回参考にさせていただいたのはコチラ
無断リンクお許しください。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。