--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不幸中の幸い

23:46

本日は休みで、先週お世話になった方々へお礼に何軒かのお宅へと行ってきました。
そのことは後で。

帰宅してから本日届いたスイレンの植え付けや、まだ植え替えていない品種の植え替え作業をと、
庭で作業開始早々に来客あり。
近所のおばちゃんの知人で愛知県にお住まいのご家族が「メダカ見せてくださーい」と。
彼是話してメダカについて熱く語りました(^^;
手ぶらで帰すのも何だったので土産にスイレンの余剰株を。咲くといいなー。

で、作業に戻るもすぐ学生時代よく遊びに来てた1こしたの後輩が彼女を連れてきました。
そいつもメダカを飼ったことがあるらしいんだけど、餌やりすぎて死なせちゃったみたい。
容器はまだあるみたいだから「メダカまた飼えよー。そんでスイレンも一緒に育てろよー」と勧誘するも拒絶されちまいました。
彼女も学生の頃よく遊んでたやつで、現在の自分の趣味に驚愕してました。
「どしたん!?全然似合わんで」とずっと言ってました。
俺がメダカやスイレンや花を愛でたらあかんのんか。美しいものを見て美しいと言ったってええやんか。

そうこうしてるとKが嫁さん連れてマンカラウボンの鉢を持ってきて「株分けしてー」と来ました。
スイレンの株分けが初めてなので、バッチリではないけど自分なりに見立てて株分けしました。
余剰は全て置いてったので我が家の品種が更に増えました。(現在25品種)

4時頃まで庭で5人あーでもないこーでもないと話しこんだ。
皆帰ってようやく作業に戻るも弟の嫁が犬の散歩を子供と一緒にしてて家の前を通った。
またまた家の前で話し込んで6時前くらい。
それから暗くなるまで作業を進めるも全て終わるわけもなく。
急いでる時ほど客が来る。有難いことだけどもうちょっと考えて!(何)

そんなことはどうでも良くてタイトルと本文最初の件です。
4月3日の出来事。
力仕事でヘトヘトになって帰路を向かう山道途中、救急車と擦れ違う。
「こんなノロノロ運転やったら助かる命も助からんのちゃうか」
そんな事を疲れた二人で話した。

我が家に着いたら嫁と地元消防の分団長Eくんが門前に立っていた。
車から降りた自分に「ええとこに帰ってきた。とにかく車のれ」とただならぬ雰囲気でEくん。
Eくんの車に乗り込み話を聞くと、どうやらうちの長男と嫁の妹の長男が川で溺れたらしい。
で、うちの長男は大丈夫なんやけど、妹の長男が救急車で運ばれたという。
数分前擦れ違った救急車がまさにそれだったようだ。
とりあえず命に別状はないらしい。
助けてくれた方へ挨拶しに行く時にちょうど自分が帰宅したということだった。
家に帰ると長男はピンピンしていて一先ずほっとした。
翌日、妹の長男が入院してる病院へとE君と一緒に行った。
こちらもピンピンしててようやく安心できた。
レントゲンでは少し水が肺にあるのかボワーっとしてたらしく、
熱もあるので様子見で一週間の入院となった。

予定より2日早く退院し、本日妹家族と一緒に助けて下さった方々へお礼に伺った。
で、何で溺れたか・・・。
その日、嫁の従妹が我が家へ帰ってきてて、嫁の姉妹が集まってた。
ガキンチョ達はガキンチョ同士で外に遊びに出かける。
出かけるときに嫁に「川には絶対行ったらあかんよ!」
これはいつものお決まりなのだけど、この日は川に行ってしまった。

というのも、もう春じゃないですか。
動植物の活性が高くなったこの時期、ガキンチョ達は田舎探検でもしてたのかイモリを見つけたそうです。
冬眠から目覚めたイモリを田んぼかどこかで捕まえたガキンチョ達は、川に逃がしてやろうとなったみたい。
そして誤って川に滑り落ちた。
我が町は那智黒石の里として知られていまして、川も那智黒石の岩がたくさん。
岩質さえ知ってれば滑る事は言わずもがなで、しかも岩に水が少し流れるようなところだったら岩肌に苔が生えて滑る確率100%っす。
小5の嫁の姉の長男が沈んでいる妹の長男を岸に引き上げ、たまたま通りかかった女性の方に助けていただいた。
本当に不幸中の幸いでした。
病院でももう少し遅かったら危なかったと言われたらしい。

まじで良かった。
ケロっとしてるガキンチョ達を見て「お前らこの夏はスパルタで泳ぎ教えるから覚悟しとけよ」
と息巻くjunでした。いやまじで。
スポンサーサイト





コメント

  1. とも | URL | -

    こんばんは。
    とにかく何事も無くて良かったですね。
    うちの近くにも川が流れてて子供たちには厳しく注意してますが…
    本当に危ないですよね。

  2. にゃお | URL | kRNYBMxc

    こんばんは

    本当に無事でよかった~。
    この時期、まだ水も冷たく、よく子供達だけで助けてくれましたね・・・

    子供の頃、川で溺れて死ぬかと思ったのを思い出しました(汗)
    水の中から気泡を空が青かったのをはっきり覚えています。
    子供達もきっと忘れられない 苦い思い出になるでしょうね!
    不幸中の幸い・・・良かったです。

  3. ark | URL | ahWxHpBs

    本当に無事で良かったですね。
    子供の頃は水の事故というのが多いですものね。
    でも大勢で遊んでいたからこそ、ですよね。やはり集団行動は大事ということでしょうか。

    スイレン、僕も初めて株分けしたんですがカットライン、結構悩みました。
    近くに成長点が複数あってどうしようとか(^_^;
    品種がたくさん増えましたね^^

  4. メダリスト | URL | XRwiWfgU

    ハラハラしながら最後まで読ませて頂きましたが、
    本当に良かったですね。
    子供って、親が言う事を理解してるようでも、
    やはり経験しないと本当の恐怖って分かってくれない
    んですよね(汗)
    しかし、本当の恐怖を体験し、無事だったので本当に
    不幸中の幸いでしたね。
    ほんと良かったです~

  5. ニル | URL | GCA3nAmE

    ほんとうによかったですね。

    服を着たままで水の中にはいるのは
    泳ぎがうまくても危険なんですよね。

  6. Non* | URL | -

    あぁ、無事でよかった!
    私、同じシチュエーションで
    10歳の時に同じ歳の従兄弟を亡くしているんです。
    お子ちゃんたち
    ケロリとしていても、結構心の中はしんどいはず。

    川遊びとか刃物のいじり方って、「危ないからやるな!」よりも
    危ないこととそうでないことを体で覚えにゃならんと思うですよ。
    スパルタとーちゃん式・愛のドS育児に期待しますっ。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。